一般社団法人など主たる事務所移転するには、①社員総会で定款変更承認②理事会で移転先住所と移転時期承認ですね。スポーツ団体は揃って移転ですので皆さん手続き必要ですね(岸記念体育館→ JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE)

一般社団法人 公益

JOCとJSPOの新しい拠点完成の報道がありましたね。

スポーツ界の新たな拠点「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」の竣工記念行事を開催!

スポーツ団体の拠点が変わりますね

移転先は、JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE(東京都新宿区霞ヶ丘町42号)

移転元は、岸記念体育会館(東京都渋谷区神南1-1-1 )

ですね。

岸記念体育は老朽化で取り壊しですので、同様に岸記念体育館を拠点にしているスポーツ団体はこぞってお引越しになるようです。

ちなみにホッケー協会は5/29水に移転、5/30業務開始のようです。

公益社団法人ホッケー協会

引っ越しの後の手続きはどうなるのかと

渋谷区から新宿への移転ですし色々と手続きは面倒です。こういうことは、面倒ですがやらなきゃいけないので早めに準備しておくと良いですね。

ここでは一般社団法人で理事会あり、定款の主たる事務所を渋谷区と定めていることを前提にしますね。

定款変更!

まずは定款変更です。社員総会を開いて定款変更を承認してもらいます。社員総会を開くには理事会で社員総会開催を決定しないといけないので理事会も開催します。理事会開いて、社員総会を開くですね。面倒ですが、、仕方ないです。

同じ行政区でしたら定款変更は不要ですが、区をまたぐと仕方がないですね。

次は移転先住所と移転時期を決める!

定款変えても具体的な事務所所在地と移転時期は変わりません。これは業務執行ですので理事会で決議します。総会の日に総会直後に理事会開いてしまうと良いかもしれません。理事会で承認受けます。

登記をします!

主たる事務所は登記事項なので社員総会議事録、理事会議事録その他を揃えて登記します。ここはもう司法書士の先生の力を借りてさっさと済ませたいものです。議事録の署名はさっさと段取りしてしまうと良いですね。

税務署、都道府県、市区町村に異動届け

登記が完了したら法人の謄本の写しを添付して異動届けを提出します。税務手続きですね。税務について役所は主たる事務所宛に書類を送付しますし管轄が変わる可能性もあるので、”僕らの法人は引越ししましたよ、これからは書類の送付先はここにしてね”と届けでるということです。

税務署、都道府県、市区町村に送ります。東京23区なので税務署と都税事務所ですね。

社会保険労働保険も届出を

給与支払いがあれば社会保険労働保険についても届出を出します。年金事務所、ハローワークになるかと思われますが、加入している組織を確認して手続きします。

公益社団法人

さらに公益社団法人は内閣府または東京都に変更届が必要ですね。公益認定にかんする届出です。公益infoで忘れずに届出ます。

まとめると

法人の引っ越しは大変ですね。理事会2回に社員総会1回を開催して、登記して、各役所に届出と嫌になりそうです。せめて理事会と社員総会は書面決議にした方が良さそうですね。反対するような議案ではないですし書面決議でやって、面倒な日程調整をスキップするのが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。