退職金が縮小している傾向にあるという話(採用企業数減少、金額減少) 金融審議会市場ワーキング・グループ 「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案) 令和元年5月 22 日

退職金

退職金採用企業数が減ってる、退職金の額が減ってるそうです。

金融審議会市場ワーキング・グループ「高齢社会における資産形成・管理」報告書()

グラフとともに説明がされています。

今後見込まれる雇用の流動化の広がりを踏まえると、退職金制度の採用 企業数や退職給付額の減少傾向が続く可能性がある。退職金制度の有無、 その給付金額は退職後の生活に大きな影響を及ぼしうるため、自身の退職 金の見込みや動向については、早い段階からよく確認しておく必要がある。

退職金は思ったより少ないから自分がいくらもらえるか確認してね。という金融庁のメッセージですね。

数値は全体の平均なのでまだまだ十分な退職金制度がある企業は沢山あるともいえそうです。

ぼくは会計事務所でもともと退職金は大したことはないのはわかってるので自分でお金を工面する取り組みが必要だと。

早速調べてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。