償却資産税の申告期限の見直しの議論

償却資産税

税務通信NO.3558の記事の中に償却資産税の申告期限見直しの話がでていました。

現在1月末申告期限から、法人の事業年度終了後2ヶ月以内申告期限に見直しの方向とのこと。

税務通信No.3558

ただ、数年先ということです。

いつ見直されるのか、実現可能性がどんなものなのかは、情報のリソースがわからないので、なんともいえません。

ただ、楽しみに待っています。

現在の1月末申告期限の実務は大変で、正直うまく行っていないと感じています。

税理士事務所や経理部門は年末調整、法定調書と時期がかさなっているし、そもそも年末年始は営業日数が少ないので仕事であふれかえっているなという印象です。

探してみると報告書がありました。

報告者は、一般財団法人 資産評価システム研究センターという団体です。

報告書名は、償却資産課税のあり方に関する調査研究-申告制度の簡素化・効率化に向けた制度設計について-です。

償却資産課税のあり方に関する調査研究

今後の取り組みを見てみると、

  1. 申告制度の簡素化・効率化に向けた電子的な整備
  1. 申告制度のあるべき姿検討

の順に取り組むそうです。

申告期限は後回しになりそうです。後回しになりそうですが、議論が進められていることには期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。