iphoneを効率的に使うなら3Dタッチを身につける

未分類

iphoneではタップ、長押しのほかに3Dタッチがあります。身につけるとiphone操作が早くなります。

やり方

3Dタッチは、画面を指でグッと押します。長く画面を触れるのではなく力を加えて押します。

3Dタッチをするとタップとは違うウインドウが開きます。概ねショートカットメニューが出てくるイメージです。

アプリケーションによって異なります。特にショートカットぎないアプリケーションもあります。

3Dタッチを利用しているアプリケーション

Safari

3Dタッチで「新規タブ」が開きます。調べたいことがすぐに入力できます。

evernote

3Dタッチで「新規ノート」が開きます。すぐにメモをとれます。

また、直前に更新したノートも表示されます。これも便利です。

word press

3Dタッチで「新規投稿」が開きます。すぐに記事を書けるので重宝しています。

よいこと

iphoneの操作もうまくショーカットのワザを使うと早くなります。

PCと同じく、小さな効率化の積み重ねが大事です。

【あとがき】

今週はずっとオフィスで書類作成、質問へのメール回答をやっています。

書類作成は主に、法定調書、償却資産税申告の作成です。好きな仕事ではないので、出来るだけ手間かけずに終わらせます。

【新しいこと】

デカビタンCのゼリー(不思議な味です)