Excelオートフィルタのショートカットキー

Excel

Excelでデータから必要なものを抽出する場合には、オートフィルタを利用すると便利です。

オートフィルタとは?

オートフィルタは、Excelで作成されたデータの中から必要なデータのみを表示させる機能です。

オートフィルタを設定すると、一番上の行にプルダウン(逆三角形)が表示され、プルダウンをクリックして様々な条件でデータを抽出できます。

大量のデータを扱う場合に役に立つ機能です。

  • 会計データから10万円以上の取引を抽出する
  • 会計データから先月の取引を抽出する
  • 住所録から神奈川県のみを抽出する
  • 従業員リストから役員のみを抽出

などができます。

条件に該当しないデータは非表示になります。

マウスでオートフィルタ使う方法

オートフィルタを使いたい範囲を選択します。

リボンの[データ]→[フィルタ]を順にクリックします。

この方法だとマウス操作をしないとオートフィルタを設定をすることができません。

ショートカットキーでオートフィルタを使う方法

オートフィルタにはショートカットキーがあります。

[ctrl]+[shift]+[L]を同時に押す

です。

範囲を選択しなくても、Excelが勝手に判断をして範囲を指定してくれます。

範囲を変えたい場合は、範囲を選択した上でショートカットキーを押します。

この方法だと、画面を見なくても、ポインタの場所を探さなくても、オートフィルタを設定できます。以外にポインタを探すのは大変です。

オートフィルタを設定するのが1回だけならマウスでやってもよいですが、何度か繰り返す場合はショートカットキーを使わないと時間がかかってしまいます。

【あとがき】

月末期限の仕事に追われていました。来週も大変そうです。

【あたらしいこと】

中途入社のTさんとランチ。前職の話など色々と気づきがありました。