一般社団法人は計算書類等承認の理事会日と計算書類等承認の定時社員総会開催日の間には、中14日あけなければいけません。

一般社団法人 決算

計算書類堂の承認は、

  1. 理事会承認
  1. 定時社員総会承認

の順に行います。

*理事会ない場合は1不要。

ここで1理事会と、2定時社員総会の間には

なか14日開ける必要があリます。

中14日なので、

理事会1日

定時社員総会16日(1+14+1)

です。中に14日です。

根拠法令はこちらです。読みづらいですが、中14日あける根拠です。

一般法人法施行規則です。

(計算書類等の備置き及び閲覧等)第百二十九条 一般社団法人は、計算書類等(略)を、定時社員総会 の日の一週間(理事会設置一般社団法人にあっては、二週間)前の日(第五十八条第一項の場合にあっては、同項の提案があった日)から 五年間、その主たる事務所に備え置かなければならない。

こういうパンフレットもありますのでご参照ください。

計算書類承認理事会社員総会評議員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です