一般社団法人は社員がゼロになったら解散なので、社員が1名なら解散になりません。設立時2名でその後1名になっても解散にはなりません。

一般社団法人は設立時は2名以上の社員が必要ですが、その後1名になっても解散にはなりません。解散事由Read More…

一般社団法人の解散時の残余財産の帰属先は①定款に定める(社員はだめ)②社員総会で決める③国に帰属の3つの選択肢があります。

一般社団法人が解散するときに残余財産をどうするのか(誰に帰属させるのか?)という課題があります。残Read More…

一般社団法人は剰余金の配当/分配をすることができません。定款に配当/分配を定めても法的に無効とされます。(一般法11条2項)

一般社団法人は持ち分のない法人(出資の概念のない法人/所有者のいない法人)です。 出資がないので出資Read More…

一般社団法人を設立するには社員は2名以上必要です。一般法10条1項で”共同して”あることが根拠法令です。

一般社団法人は少ない人数で設立できることが特徴です。 社員は最低2名必要です。これは一般法10条1Read More…

一般社団法人は社員の会費支払義務を定めなくてもいい。会費支払いを義務付けることも、義務付けないこともできます。

一般社団法人は通常社員(会員)の会費収入により運営を行います。 根拠法令はこちらです。一般法27条Read More…